OPEN INTRA-MART im-UISupplements Client Side JavaScript

クラス im.log.Logger

Object
   |
   +--im.lang.PackmanObject
         |
         +--im.log.Logger

class im.log.Logger
extends im.lang.PackmanObject


ログ出力機能を提供するクラスのインターフェースです。
Logger で使用される5つのログレベルは(順番に)以下のようになります。

  1. trace (最も軽微)
  2. debug
  3. info
  4. warn
  5. error (最も重大)
インスタンスは im.log.LoggerFactory.getLogger()で取得してください。
Version: 0.5

Author: emooru
Defined in Logger.js


コンストラクタの概要
im.log.Logger(name)
            コンストラクタ。
 
メソッドの概要
 void debug(<String> message)
           debugレベルのログを出力します。
 void error(<String> message)
           errorレベルのログを出力します。
 String getName()
           Logger のインスタンス名を取得します。
 void info(<String> message)
           infoレベルのログを出力します。
 Boolean isDebugEnabled()
           debugレベルのログ処理が現在有効かどうかチェックします。
 Boolean isErrorEnabled()
           errorレベルのログ処理が現在有効かどうかチェックします。
 Boolean isInfoEnabled()
           infoレベルのログ処理が現在有効かどうかチェックします。
 Boolean isTraceEnabled()
           traceレベルのログ処理が現在有効かどうかチェックします。
 Boolean isWarnEnabled()
           warnレベルのログ処理が現在有効かどうかチェックします。
 void trace(<String> message)
           traceレベルのログを出力します。
 void warn(<String> message)
           warnレベルのログを出力します。
 
クラスから継承されたフィールドim.lang.PackmanObject
getClass, toString, hashCode, equals
 

コンストラクタの詳細

im.log.Logger

im.log.Logger(name)

メソッドの詳細

debug

void debug(<String> message)

error

void error(<String> message)

getName

String getName()

info

void info(<String> message)

isDebugEnabled

Boolean isDebugEnabled()

isErrorEnabled

Boolean isErrorEnabled()

isInfoEnabled

Boolean isInfoEnabled()

isTraceEnabled

Boolean isTraceEnabled()

isWarnEnabled

Boolean isWarnEnabled()

trace

void trace(<String> message)

warn

void warn(<String> message)

OPEN INTRA-MART im-UISupplements Client Side JavaScript

このドキュメントはJSDoc によって Sun Sep 28 20:00:25 2008に作成されました。