OPEN INTRA-MART im-UISupplements Client Side JavaScript

クラス im.util.List

Object
   |
   +--im.lang.PackmanObject
         |
         +--im.util.List

class im.util.List
extends im.lang.PackmanObject


im.util.List クラス。

サイズ変更可能な配列の実装です。
Version: 0.1

Author: emooru
Defined in List.js


コンストラクタの概要
im.util.List(<Array> list)
            コンストラクタ。
 
メソッドの概要
 void add(<Number> index, <Object> elem)
           リストの指定された位置に、指定された要素を挿入します。
 void clear()
           リストからすべての要素を削除します。
 Boolean contains(<Object> elem)
           リストに指定の要素がある場合に true を返します。
 Object get(<Number> index)
           リスト内の指定された位置にある要素を返します。
 Number indexOf(<Object> elem)
           equals メソッドを使って等しいかどうかを判定しながら、指定された引数と同じ内容の要素を先頭から検索します。
 Boolean isEmpty()
           リストに要素がないかどうかを判定します。
 im.util.Iterator iterator()
           このリスト内の要素を適切な順序で繰り返し処理する反復子を返します。
 Number lastIndexOf(<Object> elem)
           指定されたオブジェクトがリスト内で最後に現れるインデックスを返します。
 Object remove(<Number> index)
           リスト内の指定された位置から要素を削除します。
 Object set(<Number> index, <Object> elem)
           リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます。
 Number size()
           リスト内にある要素の数を返します。
 Array toArray()
           リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 
クラスから継承されたフィールドim.lang.PackmanObject
getClass, toString, hashCode, equals
 

コンストラクタの詳細

im.util.List

im.util.List(<Array> list)

メソッドの詳細

add

void add(<Number> index, <Object> elem)

clear

void clear()

contains

Boolean contains(<Object> elem)

get

Object get(<Number> index)

indexOf

Number indexOf(<Object> elem)

isEmpty

Boolean isEmpty()

iterator

im.util.Iterator iterator()

lastIndexOf

Number lastIndexOf(<Object> elem)

remove

Object remove(<Number> index)

set

Object set(<Number> index, <Object> elem)

size

Number size()

toArray

Array toArray()

OPEN INTRA-MART im-UISupplements Client Side JavaScript

このドキュメントはJSDoc によって Sun Sep 28 20:00:25 2008に作成されました。