im-JSPackman にようこそ - since 2007/12/25 -

im-JSPackman(Intra-Mart JavaScriptPackageManagement)は、
JavaScript?ライブラリを開発・管理・提供を行うフレームワークを目的として、 Java に習い、JavaScript?でクラス開発の方法を体系化したフレームワークです。

目的

JavaScript?ライブラリを開発・管理・提供しようとすると様々な壁にぶつかる...(実際ぶつかった)。

  • ライブラリ開発者
    • グローバル関数名の重複をどうする?
    • 各ライブラリの依存関係を把握しづらい...。
    • ライブラリとJSファイルの単位・関係はどうする?
    • 各ライブラリの管理・メンテナンスはしやすい?(どこに何があるかわかりづらい)
  • ライブラリ利用者
    • ライブラリの依存関係がわかりづらい...。
      • <script>タグでいっぱいになる
    • 1JSファイルのサイズが大きいと無駄なライブラリまでロードしているような気がする...(実際無駄が多い)。

そこで、JavaScript?ライブラリを開発・管理・提供を行うフレームワークを目的として、 Java に習い、JavaScript?でクラス開発の方法を提案します。

特徴

  • クラス単位での開発
    • 1JSファイル1クラス定義
    • 継承
  • パッケージ化
    • 機能をクラス・パッケージで分類・管理・提供
  • その他

パッケージ構成

スタートポイント

サポートブラウザ

  • 方針
    • 利用者の多いブラウザをターゲットにサポートする
    • 最新Ver.のブラウザをターゲットにサポートする
  • 2008/01/05現在 サポートブラウザ一覧
    • Internet Explorer 7 (Win)
    • Firefox 2 (Mac, Win)
    • Safari 3 (Mac)
    • Opera 9 (Mac, Win)

参考

ライセンス


バグ報告/要望

  • im-JSPackman を使っていて困ったこと・質問・要望などは、ページ上部の「会議室」に投稿してください。
  • スパム防止のため、アクセス制限 を行っております。
    • チケット登録、および、会議室への投稿を行うには、ユーザ名 / パスワード共に、「imart」でログインしてください。

添付ファイル