TracBackup: バージョン 1 バージョン 2 における更新

差分発生行の前後
無視リスト:
更新者:
trac (IPアドレス: 127.0.0.1)
更新日時:
2008/01/23 12:24:56 (14 年前)
コメント:

--

凡例:

変更無し
追加
削除
更新
  • TracBackup

    v1 v2  
    1515[wiki:TracAdmin trac-admin] はバックアップを行っている間、データベースをロックします。'' 
    1616 
    17 バックアップされたディレクトリは、`tar` や `dump/restore` のような通常のファイルベースのバックアップツールで、安全に取り扱うことができます。 
     17バックアップされたディレクトリは、 `tar` や `dump/restore` のような通常のファイルベースのバックアップツールで、安全に取り扱うことができます。 
    1818 
    1919=== バックアップからの復元 === 
    2020 
    21 バックアップは、SQLite データベースを含む [wiki:TracEnvironment project environment] ディレクトリ配下の全体のスナップショットです。 
     21バックアップは、 SQLite データベースを含む [wiki:TracEnvironment project environment] ディレクトリ配下の全体のスナップショットです。 
    2222 
    23 バックアップから環境を復元するためには、単に、 Trac サービス (Webサーバ、もしくは [wiki:TracStandalone tracd] )を停止し、バックアップから ディレクトリ構造を復元した後、サービスを起動するだけです。 
     23バックアップから環境を復元するためには、単に、 Trac サービス (Webサーバ、もしくは [wiki:TracStandalone tracd]) を停止し、バックアップからディレクトリ構造を復元した後、サービスを起動するだけです。 
    2424 
    25   ''Note: データベースのバックエンドとしてSQLiteを使用しない環境の自動バックアップは現時点ではサポートされていません。回避策として、データベースシステムがどんなメカニズムを提供しているとしても、サーバを停止し、環境のディレクトリ構造をコピーし、データベースの稼働中にバックアップを取ることをお勧めします。'' 
     25  ''Note: バックエンドのデータベースとして SQLite を使用しない環境の自動バックアップは現時点ではサポートされていません。回避策として、データベースシステムがどんなメカニズムを提供しているとしても、サーバを停止し、環境のディレクトリ構造をコピーし、データベースの稼働中にバックアップを取ることをお勧めします。'' 
    2626 
    2727----