im-JavaEE Framework にようこそ

このページは、im-JavaEE Framework 開発プロジェクトのトップページです。

im-JavaEE Frameworkは中・大規模Webシステムの構築基盤となるものです。
im-JavaEE Framework上で動作するアプリケーションは、Sun Microsystemsが提唱しているBluePrints?に従った構成となります。

アプリケーションの構成図

各サブフレームワークの概要は以下のとおりです。

  • サービスフレームワーク
    クライアント(主にブラウザ)からのリクエストを受け付け、画面遷移とその表示を行います。
  • イベントフレームワーク
    何らかの処理を行います。
  • データフレームワーク
    EIS層(データベースやレガシーシステムなど)と連携し、データのやり取りを行います。

また、システム全体に関連するサブフレームワークとして以下のものがあります。

  • メッセージフレームワーク
    地域対応したメッセージを取得します。
  • ログフレームワーク
    ログの出力を行います

スタートポイント


お知らせ

2006-11-31

本サイトを公開しました。


プロジェクトの状態

  • アーカイブは、ページ上部の「ダウンロード」よりダウンロード可能です。
  • Maven サイトは、ページ上部の「Maven」より閲覧可能です。

最新リリース

実行環境
versionアーカイブ
0.1.0im-javaee-fw-core-0.1.0.jar
0.1.0im-javaee-fw-seasar2-0.1.0.jar
サンプル
versionアーカイブ
0.1.0im-javaee-fw-sample-0.1.0.war

バグ報告/要望

  • im-JavaEE Framework を使っていて困ったこと・質問・要望などは、ページ上部の「会議室」に投稿してください。
  • im-JavaEE Framework に関するバグ報告は、ページ上部の「チケット登録」から登録してください。
  • スパム防止のため、アクセス制限をしております。
    • チケット登録、および、会議室への投稿を行うには、ユーザ名 / パスワード共に、「imart」でログインしてください。

添付ファイル