チケット #511 (closed 新機能・拡張: invalid)

登録: 12 年 前

最終更新: 11 年 前

JSコンパイル後のクラスファイルのロードリトライ回数を設定可能にする。

報告者: shinomiya 担当者: shinomiya
優先度: major マイルストーン: 0.1.2
コンポーネント: im-jssp バージョン: 0.1.2
キーワード: 関係者:

チケットの概要 (最終更新者: shinomiya)

JSコンパイル後のクラスファイル(又は、シリアライズされた htmlファイル解釈後のオブジェクト) のロードリトライ回数を設定可能にする。

  • 修正対象クラスファイル
    • oij.script.provider.ScriptScopeBuilderImpl
    • oij.view.provider.ViewScopeBuilderImpl

仕様

ファンクションコンテナ (jsファイル)

JSファイルコンパイル後のクラスファイルに関して、 クラスロード時(または、インスタンス化時)に ClassFormatError が発生した場合、 再度、クラスのロード(または、インスタンス化)を行います。 この処理は、ClassFormatError が発生しなくなるまで、0.1秒周期で繰り返されます。 繰り返し回数のデフォルトは、10回です。

繰り返し回数は、以下のシステムプロパティで設定可能です。

  • org.intra_mart.jssp.script.provider.ScriptScopeBuilder.readMaxCount

(設定例)

 -Dorg.intra_mart.jssp.script.provider.ScriptScopeBuilder.readMaxCount=100

プレゼンテーションページ (htmlファイル)

プレゼンテーションページ(htmlファイル)のコンパイルとは、 htmlファイル解釈後のオブジェクトをシリアライズすることです。

このシリアライズしたファイルの検索時に EOFException が発生た場合、 再度、そのファイルを検索します。 この処理は、EOFException が発生しなくなるまで、0.1秒周期で繰り返されます。 繰り返し回数のデフォルトは、10回です。

繰り返し回数は、以下のシステムプロパティで設定可能です。

  • org.intra_mart.jssp.view.provider.ViewScopeBuilder.readMaxCount

(設定例)

 -Dorg.intra_mart.jssp.view.provider.ViewScopeBuilder.readMaxCount=100

チケットの履歴

2007/09/13 16:08:11 更新者:shinomiya

  • 説明 が更新されました。

2007/09/13 16:09:20 更新者:shinomiya

  • バージョン0.1.2 に更新されました。

2008/09/03 14:43:51 更新者:shinomiya

  • ステータスnew から closed に更新されました。
  • 解決方法invalid に更新されました。

#544 に方針変更