チケット #521 (closed 新機能・拡張: fixed)

登録: 12 年 前

最終更新: 11 年 前

ImAjaxUtil オブジェクトの追加

報告者: shinomiya 担当者: shinomiya
優先度: major マイルストーン: 0.1.2
コンポーネント: im-jssp バージョン: 0.1.2
キーワード: 関係者:

チケットの概要 (最終更新者: shinomiya)

ImAjaxUtil#setErrorResponseHeaders?() について

レスポンスヘッダにエラーコードとエラーメッセージを設定する関数として、 ImAjaxUtil#setErrorResponseHeaders?(String errorCode [,String args ...]) を実装する。

  • エラーコードとエラーメッセージの管理は、エラーメッセージ用プロパティファイル(デフォルト:/conf/jssp-error-message_ja.properties)にて行う。
    • エラーメッセージ用プロパティファイル取得時のロケールは、LocaleHandler#getLocale?()を利用する。
    • 利用するエラーメッセージ用プロパティファイルはシステムプロパティ「org.intra_mart.jssp.util.ImAjaxUtil.errorMessagePropertiesBaseName」にて変更可能にする。
      • 例:「hoge.fuga.test-message_XX.properties」を設定する場合
        -Dorg.intra_mart.jssp.util.ImAjaxUtil.errorMessagePropertiesBaseName=hoge.fuga.test-message
        

今後の課題

  • クライアントに依存したロケールにて、メッセージを取得する仕組みが必要。
  • メッセージ管理用の「MessageHandlerManager?」オブジェクトが必要。
    • JSSPRuntimeClassの種類をひとつ追加 (key:message-handler)

チケットの履歴

2007/09/25 19:13:40 更新者:shinomiya

  • 説明 が更新されました。

2007/09/25 20:51:06 更新者:shinomiya

  • 説明 が更新されました。

2007/09/25 20:55:47 更新者:shinomiya

  • ステータスnew から closed に更新されました。
  • 解決方法fixed に更新されました。

以下を追加しました。

SSJS API ImAjaxUtil オブジェクト
CSJS API ImAjax オブジェクト
Java API org.intra_mart.jssp.util.ImAjaxUtil クラス

チェンジセット [112] [113] [114]

2008/09/05 14:53:46 更新者:shinomiya

  • コンポーネントim-jssp-extention から im-jssp に更新されました。